読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おひとりさま出産 感想ネタバレ

おひとりさま出産

ネタバレ感想

 

作者の七尾ゆず先生

 

アラフォーの女性

年収が200万以下

 

結構厳しい生活をされているみたいです。

 

まんがが売れなければ
フリーターと変わらない生活ですね。


この出産体験記を読んで

 

「お金がないと、子供を作っても苦労

        するんだな」

と思いました。


・本編のもくじ

第1話 無謀な計画

第2話 男子の協力

第3話 妊活街道

第4話 野生の勘

第5話 祝・妊娠!?

第6話 先立つもの

第7話 立ちはだかる大問題

第8話 子供の頃の私

第9話 母との戦い

第10話 行政との戦い

第11話 新年に誓う

第12話 来たれバブルよ

第13話 やさしい嘘

第14話 いざ、出陣!

第15話 腹心の友

第16話 情けは人のためならず!?

第17話 夢と現実のはざま

第18話 親戚ランウェイ

第19話 幸せの予感

おまけまんが




子供を産むにはタイムリミットが迫って

いるアラフォー女性のゆずさん。

 

彼氏のミウラさんは
なかなかのイケメンで、

腹筋はシックスパック。

 

国民健康保険も払っていない貧乏人。

頻繁にゆずさんからお金を借りる

いわゆる ダメ男!!

 

それでも、子作りを頼めるあてもなく

飲みに連れて行き、酔った勢いで

認知も結婚もしなくていいから、

協力をお願いします。


それならと了解してもらい、

妊活することになる二人。

 

食事のも気を付け、ミネラル豊富な

とろろや里芋、牡蠣を食べます。

 

基礎体温を測り、試してみますが

妊娠しません。

 

不妊治療をパソコンで調べると、

体外受精が1回30万

 

都内に住所を有する夫婦は補助金が出る


しかし籍も金もないと、憤ります。


いつもスッピンにジャージ、

ネイルもしたことがないゆずさん

 

ミウラさんから

「セクシーさが足りない」と

アトバイスされます。


厚化粧で、まるでデーモン小暮に...。

 

ミウラさんに笑われながらも、

ラブホで子作りして妊娠が発覚。

 

39歳目前で、妊活5ヶ月目の事でした。


しかし、漫画家の収入は5万円。

あとはファミレスのバイト代。

預金は10万ちょっと...。

そこで、まずは100万円貯めることに!

 

母親と電話していて妊娠することを報告。
片親で育てる事を話すと、激怒されます。


上京してきた母親は、ミウラさんが
結婚してくれないと勘違い。

 

ゆずさんが結婚願望がない事。
望んで一人で育てる。

 

と言う事を知りません。

 

詳しく説明して状況がわかると

 

「なんでもいいから籍入れてよ!!」

 

「親戚とか友達に私はいい顔

     したいのよー!!」


と...。

 

母親にとって、子供の幸せよりも

世間体の方が大事なようです。


その後、大阪でゆずさんとミウラさんは
母親と会います。


未婚で出産することを説得しますが、

相変わらず世間体を気にして態度を変えません。

 

結局、

 

できちゃった結婚➡スピード離婚


この嘘の設定でいくことに。

そぢて作戦は成功。


ゆずさんはお金がないのでドーナツで

お腹を膨らまし、ホームレスの炊き出しに

並ぶことを考えるほど。

 

食べていけないので、新しいバイトを始め

バイト先の残り物を持って帰って節約。

 

そのせいか、体重が5キロ増え

あまり太りすぎなのは良くないと考え

残りのも食べなくなりホームレスに

あげようとします。

 

が、「間に合ってます」と断られます。


今はホームレスも、餓死するようなことは
ないんですね。

 

その後、漫画の連載が打ち切りに...

 

バイトに専念することにして終わります。

 

あとがきでは、ゆずさんの事が
少しだけ載っていて、


仕事も家事もしないDV男と同棲していて、
せっせと働いて貢いでいたそうです。

 

「やっぱりな」と思いしました。


父親も失踪して死んだり。


男運には恵まれないようです。


40代でバイト生活。

漫画も大ヒット作を出してるわけでもない。

 

この先、相当厳しい未来が待ち受けている

でしょう...。

 

月収10万程度でひとり暮らし。
子供を産んで育てる...。

 

ムリでしょう。と思いました。

 

まずは田舎に引っ越したほうが

いいですね。

 

または、実家に帰って親に協力

してもらうか。


作者のようにならないためには、

自分で稼げるようになるか、

お金持ちの男性を見つける方が

無難ですね。


これでおひとりさま出産の感想は終わりです。

 

気になるようでしたら

無料試し読みできるので読んでみて

ください。

 

気になった方はこちらから

↓↓↓

おひとりさま出産無料試し読み

おひとりさま出産で検索