読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【甘々と稲妻】 あらすじ感想

甘々と稲妻】 

 あらすじ感想

 

無料試し読みはこちら

 

犬塚公平は半年前に奥さんを亡くし、

高校の数学教師をしながら一人娘の

子育てに悪戦苦闘しています。

 

5歳の幼稚園児の娘・つむぎ

 

食べ物が大好きな娘の

「おいしい~」

の喜ぶ顔を見たくてご飯を作っています。

 

でも、料理は苦手。食べ物にも興味がなく

弁当や総菜が中心。

 

もちろん、おいしいと言って

もらえません。

 

偶然知り合った同じ高校の女子高生の

飯田小鳥ちゃんの家は料理店。

 

いろいろな事情もあってお店はやってなく

お店を借りて一緒に作る事に。

 

つむぎちゃんと小鳥ちゃんとお父さんの

ほのぼのお料理教室。

 

毎回何のごちそうを作るのか楽しみです。

 

そもそも、なんで一緒に料理を作る事に

なったのでしょうか?

 

妻を亡くしたお父さんと
父がいない女子高生。
 
大きな存在の幼稚園児。
 
ゆったりとした、3人の幸せな食事時間。
 
つむぎちゃんの表情がすごくかわいい!

 

愛情をいっぱいもらって育ってる子は

こういう顔ができるんですね。

 

小鳥ちゃんの淡い恋心も気になる所です。

 

気になるようでしたら

無料試し読みできるので読んでみて

ください。

気になった方はこちらから

↓↓↓

甘々と稲妻無料試し読みはこちら

甘々と稲妻で検索