読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが【透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記】ネタバレ無料 読んで気づかされたこと

こんには、そらです。

透明なゆりかご 産婦人科医院

      看護師見習い日記

のまんがを読んだので

紹介します。

 

私は、まんが王国で無料試読出来たの

で是非読んで下さい。

無料試し読みはこちら

 

産婦人科は、妊娠・出産するための病院

というイメージが強かったです。

 

でも生理不順等で通院する学生さんも

いるでしょうし、子宮筋腫などで通院する

 

熟年の女性もいるし、一部の女性のため

だけが通う訳ではないということが大人

になってから理解しました。

 

今回読んでみてたのは、性的虐待を受けた

ために医師の診断を受けにきたカナちゃん

という小学生の子の話です。

 

カナちゃんに暴行をしたのは母親の再婚

相手だったということも衝撃的でしたが、

 

当初カナちゃんが暴行した相手のことを

何も話さなかったために看護師達が細かい

記録を撮ったり、

 

衣服を保存したりするシーンを見て、

改めて産婦人科が対応する仕事の幅・

深刻さに気づかされました。

 

出産をテーマにした漫画はたくさん

あって、その中には当然

 

「妊娠おめでとう」

 

「出産おめでとう」

 

といったおめでたい話ばかりではなく、

中絶・流産・死産といった悲しい話

もあります。

 

ただ、このような性犯罪の被害者の

対応を描いた漫画というのは他にないと

思います。

 

自分も妊娠中で病院に通っている時、

同じく待合室にいる人のお腹を見ては

 

「もうすぐ臨月かな」とか

「妊娠したばかりかな」

 

と妄想をしていたものですが、このように

辛い思いをして通っている方等事情の

 

ある方もいると思うので、人としてもう

少し思慮深くあるべきだと我が身を振り

返りました。

 

テーマは決して気持ちの良いものでは

ありませんでしたが、読んでよかった

と思います。

 

気になるようでしたらまんが王国で

無料試し読みできるので読んでみて

ください。

 

 

まんが王国で無料試し読みはこちら

 

透明なゆりかご 産婦人科医院看護師

          見習い日記

で検索すると出ます。