読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【僕たちがやりました 6巻】ネタバレ無料

こんにちは、そらです。
【僕たちがやりました】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

 

パイセンの身代わりが出頭したことで、

トビオたちは晴れて自由の身になり

ました。

 

警察からも矢波高からも逃げる必要は

なくなりましたが、

 

新たにさまざまな問題が発生してしま

いました。

 

自分が愛人の子であることを知った

パイセンは、

 

愛を確かめようと父親に会いに行く

もののなかなか見つからず、

 

伊佐美は罪悪感の影響でアレが勃た

なくなり、

 

友人のふりをして爆発で亡くなった

矢波高生の家を周り、

 

線香をあげることで贖罪をしようと

試みます。

 

マルの前には1巻で無理やりケンカを

させられた"ウンコ”が現れ、

 

再び死闘を展開。

 

トビオにいたっては、自殺未遂で入院する

ハメに。そして驚いたことに、

 

トビオが入院した病院には市橋が

いました。

 

今までのトビオだったらびびって市橋

から逃げていたと思いますが、

 

パイセンの替え玉出頭をきっかけに

トビオの性格は全く変わっていました。

 

市橋にびびることもなく、むしろ

チャラい感じで話しかけ、

最終的には大の仲良しになりました。

 

病院のナースとも仲良くなり、蓮子との

関係も順調。

 

つらい逃亡生活のマイナスを取り戻すか

のようにトビオは人生を楽しみますが、

長くは続きませんでした。

 

市橋が蓮子に好意を持っていることを

知りつつも、

 

トビオは蓮子と付き合っていました。

 

なかなかそのことを告げずにいたトビオ

でしたが、蓮子からも促され、

意を決して市橋に伝えます。

 

市橋は祝福してくれて、最高の友達だと

も言ってくれました。

 

しかし、このまますんなりハッピー

エンドでは終わらないのが

この漫画の良さです。

 

市橋はトビオに祝福のメッセージを

送った直後、

 

病院で飛び降り自殺を図ってしまいます。

 

6巻では生死は描かれていませんが、

次巻も波乱ずくめのストーリーに

なるでしょう。

 気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【僕たちがやりました】 
          で検索すると出ます。