読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【月に吠えらんねえ】ネタバレ無料

こんにちは、そらです。
【月に吠えらんねえ】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

 

「□(しかく)街」「小説街」

「戯曲街」・・・

 

文豪たちの擬人化ではなく、文豪の

作品を擬人化した

 

キャラクターたちが活躍する漫画、

『月に吠えらんねえ』。

 

主人公は『月に吠える』『青猫』などの

作者・萩原朔太郎の作品から

 

派生したキャラ・朔くん。物語は、夢想家

が集う□街の天上松に、

 

変死体が現れるところからはじまります。

 

そのできごとをきっかけに、少しずつ変化

していく□街とその住人...。

 

物語の見どころはなんと言っても、作者の

圧倒的文学知識に

 

裏打ちされた骨太な物語構成です。

 

巻末には数ページにわたり参考文献が

並び、「擬人化」という

 

一見ライトな題材からは考えられないほど

の読み応えある物語が

 

展開されていきます。

 

小説とは違いあまりメジャーに語られて

こなかった「近代詩」というテーマを、

 

独自の表現方法と解釈で描く本作は、

近代詩好きな人はもちろん、

 

まだあまり詳しくない人にも興味を持つ

きっかけになること間違いありません。

 

難しいテーマを差し引いても、作者独特な

エロティックなキャラクターや、

 

詩人たちの想像の中で膨らんでいく生死を

表現したシーンの迫力は必見です。

 

同性愛を匂わせるようなエロティックな

表現が随所にちりばめられているため、

 

そういったジャンルが好きな方にはたま

らないかもしれません。

 

とくに作品随一の色男・白さんと朔くんの

一線を越えてしまいそうな

 

危うい関係は見所です。

 

 気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【月に吠えらんねえ】 
          で検索すると出ます。